ゲストマシンでのlocalhostへのアクセス方法

you12724 65views 更新:2016年1月19日

動作チェック時

・VirtualBox上でWindowsを開き、IEで動作チェックしたい時は、ホストマシンとゲストマシン(VirtualBoxで立ち上げている側)のlocahostが違うため、いつものアクセス方法だとサーバーにアクセスできません。そこでホストマシンのターミナルで ifconfig とし、IPアドレスを確認したあと、ゲストマシンのIEで “http://IPアドレス(127.0.0.1など):ポート(8080など)” とすればアクセスできます。

・スマホでチェック時はUSBで繋いだ後で上記と同じ方法をとればアクセスできます(OSS版)。SAAS版はログイン後にリダイレクトする仕組みとなっているので、リダイレクト先のアドレスを管理している部分のlocalhostとなっている部分を先ほど調べたIPアドレスに置き換えることでアクセスできます。

ifconfig

lo0: flags=8049<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST> mtu 16384
    options=3<RXCSUM,TXCSUM>
    inet6 ::1 prefixlen 128 
    inet 127.0.0.1 netmask 0xff000000 
    inet6 fe80::1%lo0 prefixlen 64 scopeid 0x1 
    nd6 options=1<PERFORMNUD>
gif0: flags=8010<POINTOPOINT,MULTICAST> mtu 1280
stf0: flags=0<> mtu 1280
en1: flags=8863<UP,BROADCAST,SMART,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
    ether --:--:--:--:--:-- 
    inet6 ----::----:----:----:----%en1 prefixlen 64 scopeid 0x4 
    inet XXX.XXX.XXX.XXX netmask 0xffffff00 broadcast ---.---.---.---
    nd6 options=1<PERFORMNUD>
    media: autoselect
    status: active
en2: flags=963<UP,BROADCAST,SMART,RUNNING,PROMISC,SIMPLEX> mtu 1500
    options=60<TSO4,TSO6>
    ether 32:00:17:0a:a0:00 
    media: autoselect <full-duplex>
    status: inactive

ifconfig とするとこのように色々出てきてよくわからなかったのですが、とりあえずstatusがactiveとなっている中から探せば平気だと思います。
今回の例だと en1 が status: active となっているので en1 内の inet 部分にある XXX:XXX:XXX:XXX がIPアドレスとなります。
またlo0というのはどのマシンにもあってIPアドレス 127.0.0.1 が割り当てられているらしいです。調べてみると、ネットワークのテストに使えるよう用意された仮想インターフェースだそうです。Tomcatなどでたと上げたサイトにアクセスする時にアクセス元のIPアドレスを表示すると 127.0.0.1 が表示されたはずなのでそのような場合に関係が出てきそうです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません