sshのfingerprintが変わって接続エラーがでるのを回避する

alkoshikawa 127views 更新:2016年1月20日

AWSなどでサーバーとIPアドレスが分離可能な場合、 作成したインスタンスにIPアドレスをアサインして、ログインとかやるとよく

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the ECDSA key sent by the remote host is
・・・

とか出ますよね。

毎回出るごとに「known_hosts」を修正するのはもうめんどくさいので .ssh/configに以下のようにして値を上書きするようにします。

Host some-server
  Hostname {ip}
  User {user}
  IdentityFile {secretkey}
  StrictHostKeyChecking no

その他参考サイト

https://siguniang.wordpress.com/2014/02/28/get-rid-of-openssh-warning-message/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません