PostgreSQLを手動で起動する

Tomoumi Nishimura 36views 更新:2016年2月5日

pg_ctlを使います。

pg_ctl start -N ${サービス名} -D ${dataディレクトリのパス} -l ${ログ出力先のパス}

実行時のユーザー指定をする場合、以下のように-Uオプションと-Pオプションをつけます。

pg_ctl start -N ${サービス名} -D ${dataディレクトリのパス} -l ${ログ出力先のパス} -U ${ユーザー名} -P ${パスワード}

サービスに追加する場合には、startの代わりにregisterを使います。

pg_ctl register -N ${サービス名} -D ${dataディレクトリのパス} -l ${ログ出力先のパス} -U ${ユーザー名} -P ${パスワード}

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません