Google Apps ScriptのUrlFetchAppでSSL証明書のエラーを回避する

komori 436views 更新:2016年2月8日

Google Apps ScriptのUrlFetchAppで、自己証明書を利用したサイトにアクセする際に、「SSLエラー」となって、処理が停止してしまうことがあります。 この場合、UrlFetchAppのオプションで「”validateHttpsCertificates” : false」をセットすることで、SSL証明書のエラーを回避できます。

function doPost() {
  // アクセス先の情報
  var url = "http://";

  // POSTメソッドの投稿データ
  var payload = {
    "key1" : "value1",
    "key2" : "value2"
  }

  // POSTメソッドのオプション
  var options = {
    "method" : "POST",
    "payload" : payload,
    "muteHttpExceptions" : true,
    "validateHttpsCertificates" : false
  }

  try{
    // POSTメソッドのリクエスト
    var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
    var content = response.getContentText("UTF-8");
  }catch(e){
    Logger.log(e.message);
  }
}

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません