node.jsでオブジェクトをexportする

kensuke-iizuka 64views 更新:2016年2月8日

関数をいくつかのファイルに分割して管理、開発したいときに

exportするオブジェクトcalc.js

module.exports.add = function (a,b) {
        return a + b;
};

module.exports.square = function (a) {
        return a * a;
};

module.exports.cube = function (a) {
        return a * a * a;
};

これを同一ディレクトリ内で利用します。

exportされたオブジェクトを利用する

var calc = require('./calc.js');
console.log(calc.add(1,3));
console.log(calc.square(3));

module.exportsでオブジェクトを外部で使用可にして requireで呼び出す感じです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません