ユーザーエージェントによるVelocityの分岐を行う方法

otaguro 410views 更新:2014年3月27日

Velocityのテンプレートファイル内でユーザーエージェントによる分岐を行うには、javaファイル内で変数をセットする必要があります。

 

一般には、HttpServletRequestインターフェースを利用して、

$request.getHeader("User-Agent")

などとテンプレートファイル内で呼び出すことが多いようです。

 

Aipoの場合では、例えば「FileuploadYoutubeViewScreen.java」のdoOutputメソッドで

boolean isAndroid = ALEipUtils.isAndroidBrowser(rundata);
context.put("android", isAndroid);

のようにAndroidかどうかのboolean型の変数をセットしています。

そうすると、テンプレートファイルで次のようにユーザーエージェントによる条件分岐を使えるようになります。

#if(!$android)<div>ブラウザはAndroidです</div>#end

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません