ImageMagickをアップデートしてlibMagickCore.so.2が消えたら

alkoshikawa 245views 更新:2016年2月24日

こんなエラーがでたときの話です。

libMagickCore.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory - /path/to/dir/RMagick2.so <LoadError>

昔のCentOS6はImageMagickの6.5系だったのですが、CentOS6最新だとImageMagickの6.7系になります。

6.7にすると「libMagickCore.so.2」が消えて、「libMagickCore.so.5」になり、rubyを手動でインストールなどを行った場合問題が出てしまいます。

シンボリックリンクでごまかせるのか不明だったのでバックアップしてあったRPMから戻してファイル復活。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません