SELinuxをオフにする

Tomoumi Nishimura 52views 更新:2016年2月25日

状態の確認

$ getenforce
  • Enforcingの場合: SELinux機能がオンになっています。
  • Permissiveの場合: SELinux機能は警告を出すのみで、アクセス制限はかかっていません。
  • Disabledの場合: SELinux機能はオフになっています。

一時的にオフにする

$ setenforce 0

これを利用した場合、一時的な状態変更なので、再起動などをすれば状態はリセットされ、SELinux機能はオン(あるいはオフ)に戻ります。

また、この状態でgetenforceを実行すると、Permissiveと表示されます。

再起動等をせず、オンに戻したい場合には以下のようにします。

$ setenforce 1

恒久的にオフにする

再起動してもオフのままでいてほしいときは、SELinux機能の設定ファイルをいじってオフにします。

設定ファイルは/etc/selinux/configにあります。

$ vim /etc/selinux/config

そして、以下の行を書き換えます。

SELINUX=enforcing

たとえば、無効化する場合なら以下のように。

SELINUX=disabled

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません