wordpressで投稿を更新する際のデバッグ方法

kentomurata 35views 更新:2016年2月29日

wordpressで投稿を更新する際に、どのような情報が送られているのかを確認したいときの方法について忘れないようにまとめておきます。

function.phpに以下のコードを足します。

if(!function_exists('_log')){
  function _log($message) {
    if (WP_DEBUG === true) {
      if (is_array($message) || is_object($message)) {
        error_log(print_r($message, true));
      } else {
        error_log($message);
      }
    }
  }
}

次にwp-config.phpに以下のコードを足します。

define('WP_DEBUG', true); // デバッグモードを有効化

// ログファイルに保存する場合は、以下を書き足します。
if ( WP_DEBUG ) {
    // debug.log ファイルに記録
    define( 'WP_DEBUG_LOG', true );
    // ブラウザ上に表示しない
    define( 'WP_DEBUG_DISPLAY', false );
    // ブラウザ上に表示しない
    @ini_set( 'display_errors',0 );
}

これらのコードを書き足した後で投稿を更新したりすると、wp-contentの中にdebug.logというファイルが作られて、どのような情報が送られているかを確認することが出来ます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません