CentOSでSwap使用率をチェックするスクリプト

高瀬 裕介 32views 更新:2016年3月8日
#!/bin/sh
SWAP_THR=5.0

SWAP_TOTAL=`LANG=C && free | egrep '^Swap:' | tr -s ' ' | awk '{print $2}'`
SWAP_USED=`LANG=C && free | egrep '^Swap:' | tr -s ' ' | awk '{print $3}'`

define_ngfile_path check_swap
if [ ${SWAP_TOTAL} -gt 0 ]; then
  SWAP_PUSED=`scale=3; echo "(${SWAP_USED} * 100.0) / ${SWAP_TOTAL}" | bc -s`
  if [ `echo "${SWAP_PUSED} > ${SWAP_THR}" | bc` -eq 1 ]; then
    echo "SWAP ALERT!!"
  fi
fi

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません