PlayFramework2.2.xで設定ファイルを複数に分割する方法

@iwasaki 799views 更新:2014年4月1日

PlayFrameworkを使っていると、DBの接続設定は開発環境と本番環境で異なるので設定を分けておきたい、コピーライトの開始年数とかのアプリケーション内で使うマジックナンバーについては共通にしておきたい、なんていう要望が出てくると思います。

Playの場合はapplication.confで外部ファイルをincludeできるので、以下のように書くことができます。

include "secret.conf"
include "global.conf"
include "databases.conf"
include "evolutions.conf"
include "ebean.conf"
include "logger.conf"
include "extends.conf"

こうして設定ファイルを分けておいて、開発環境・本番環境でそのファイルだけを差し替えてビルドすればOKです。

https://github.com/YoshiteruIwasaki/PlayFrameworkRecruitConsole/blob/master/conf/application.conf

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません