mktempコマンドで一時ファイルをこしらえる

Takuro Hirayama 42views 更新:2016年3月30日

自動的にファイル名にランダム文字列をつけてくれるのでファイル名が衝突しない。

使用例

#!/bin/bash

tmpfile=$(mktemp '/tmp/foo.tmp.XXXXX')
# 最後にファイルを消す
trap "test -f $tmpfile && rm -f $tmpfile" 0

ls /tmp/foo*
# /tmp/foo.tmp.KRMoo だったり
# /tmp/foo.tmp.GXE5E だったり...

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません