WebPay で課金の払い戻しを行う

nbeppu 508views 更新:2014年4月2日

過去に作成した課金オブジェクトの払い戻し処理を行うことができます。払い戻し可能金額は、当初の課金額が上限で、引数をなしにすると全額払い戻しとなります。

    WebPayClient client = new WebPayClient("test_secret_*********************");
    Charge charge = client.charges.retrieve("ch_*************");
    charge.refund(1000);

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません