残業の種類

yamagenii 395views 更新:2016年4月18日

会社で働く上で避けて通れないのは”残業”

そしてこの残業には長く働いた分だけ、賃金が増えるルールが有ります。

法律で決められた残業代のルールを自分で正しく理解し、騙されない大人になりましょう。

残業の種類

残業の種類は2つあります

法定外残業

労働基準法で定められた労働時間を超えて行われる労働(現在は1日8時間、週40時間)

法定外残業は残業代を支払う義務があります。

法内残業

会社によって定められた所定労働時間を超えていて、労働基準法で定められた労働時間を超えずに行われる労働

法内残業は支払いの義務はないものの就業規則によって定められている場合が多いようです。

重要な点

法定外残業は残業代を支払う義務があります。

会社の就業規則を確認して、自分がしっかり給料を支払われているのか確認することが大事です。

参照

正しく計算されていますか?~残業代の計算方法

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません