pipのインストール先を指定する

Masanari KIMURA 2,494views 更新:2016年5月11日

pipを普通に使うと、インストール先は、/usr以下になってしまいます。
管理者権限が必要になるのが嫌なのと、ルートディレクトリを圧迫したくないため、私はhomeディレクトリ以下にライブラリ関係をまとめています。

まず、ディレクトリを作成します

$ mkdir -p ~/local/lib/python/site-packages/

次に、bashrcに以下を記述

$ export PYTHONPATH=$HOME/local/lib/python/site-packages:$PYTHONPATH

最後に、pipをインストール

$ easy_install --prefix=$HOME/local pip

実際に使用する際には、以下のようにする

$ pip install --install-option="--prefix=$HOME/local" hoge

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません