Play FrameworkのWSResponseの処理方法

@iwasaki 128views 更新:2016年5月17日

Play FrameworkのWSResponseのハンドリング方法です。

エラー時、通常時のレスポンスの受け取り方は次のようにします。

            CompletionStage<WSResponse> post = request.post("hoge");
            post.handle((response, error) -> {
                if (error != null) {
                    Logger.debug("NG");
                    Logger.error("error", error);
                    return null;
                } else {
                    Logger.debug("OK");
                    Logger.debug(response.getAllHeaders().toString());
                    Logger.debug(String.valueOf(response.getStatus()));
                    Logger.debug(response.getStatusText());
                    Logger.debug(response.getBody());

                    return null;
                }

return nullなり、適宜レスポンスを返す必要があります。

https://www.playframework.com/documentation/2.5.x/JavaWS

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません