各ポートレットのリスト表示の件数を操作する方法

watanabe 244views 更新:2014年4月8日

リスト表示の件数はScreenファイル内にある

listData.setRowsNum(Integer.parseInt(ALEipUtils.getPortlet(
        rundata,
        context).getPortletConfig().getInitParameter("p1a-rows")));

 の”p1a-rows”によって定められている。

このp1a-rowsの値は各ポートレットの(portlet-name)/src/main/webapp/WEB-INF/confにあるxregファイルで

<parameter name="p1a-rows" value="10" type="style" hidden="false" cachedOnName="true" cachedOnValue="true">

という形で定義されている。

上記の定義では10件表示となるが、valueの値を変更することで表示件数を操作することができる。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません