PHPについて

nakata 106views 更新:2016年5月19日

csvファイルを読み込むソースを書くにあたってphpの基本を学びました。 

開始タグ:<?php 終了タグ:?>

スクリプトの最後にセミコロン(;)をつける

変数の宣言 :$[変数名]

ファイルを開く:resource fopen ( string $filename , string $mode )

ファイルを閉じる:bool fclose ( resource $handle )

CSVファイルから配列を出力する:fgetcsv()

ファイルが最後まで読み込まれているか確認する:feof()

phpファイルの実行:ターミナルで :$php ファイル名

SplFileObject::READ_CSV:csvファイル読み込み こちらのほうが速いらしい

変数の内容や命令の返値を表示:var_dump()

配列の内容の反復処理:foreach(配列変数 as キー変数→値変数){処理}

例外処理:try {} catch (例外クラス名 変数) { }

配列の要素削除:unset()

特定の記事の特定のキーのカスタムフィールド値を取得する:<?php $meta_values = get_post_meta($post_id, $key, $single); ?>

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません