postfixのmaster.cf書き方

Yuya Sato 118views 更新:2016年5月23日

postfixの/etc/postfix/master.cfファイルを編集した時にエラーが出た.書き方がおかしかったらしい.

submission inet n       -       n       -       -       smtpd
-o smtpd_tls_security_level=encrypt
-o smtpd_sasl_auth_enable=yes
-o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject
-o milter_macro_daemon_name=ORIGINATING

のように記述していたが,正しくはそれぞれ-oの前にタブかスペースを入れる必要がある. 以下のように修正したら正しく動いた.

submission inet n       -       n       -       -       smtpd
        -o smtpd_tls_security_level=encrypt
        -o smtpd_sasl_auth_enable=yes
        -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject
        -o milter_macro_daemon_name=ORIGINATING

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません