WordPressでのキャッシュの取り扱い

kentomurata 37views 更新:2016年5月24日

WordPressではTransients APIを用いることでキャッシュを利用することが出来ます。 以下にその基本的な方法をまとめます。

必要な操作は、データをキャッシュする、キャッシュされたデータを呼び出す、キャッシュを削除するの3つです。

データをキャッシュする

データをキャッシュする際には、呼び出す際の名前、キャッシュするデータ、更新されるまでの期間を指定します。

set_transient( $transient, $value, $expiration );

//$transientが呼び出す際の名前
//$valueがキャッシュするデータ
//$expirationが更新されるまでの期間

名前は45文字以内である必要があります。また更新されるまでの期間は、秒数で表します。 ($expiration = 60 * 60 * 24 なら一日となる。)

キャッシュされたデータを呼び出す

キャッシュされたデータを呼び出す際には、名前のみ指定します。

get_transient( $transient );
//$transientが呼び出す際の名前

キャッシュを削除する

キャッシュを削除する際には、名前のみ指定します。

delete_transient( $transient );
//$transientが削除したいキャッシュの名前

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません