ALDateTimeFieldの使い方

@iwasaki 7views 更新:2016年6月1日

Aipoには便利なクラスがいくつか用意されています。

その中の1つALDateTimeField

https://github.com/aipocom/aipo/blob/master/core/src/main/java/com/aimluck/commons/field/ALDateTimeField.java

これですが、newするときに日付のフォーマットを指定することができるようになっています。

ALDateTimeField updateDate = new ALDateTimeField("yyyy年MM月dd日(EE)");

みたいな感じですね。

これをやってあげると、vmファイルで

ALDateTimeField getUpdateDate(){
  return updateDate;
}

を呼んだ時、ALDateTimeFieldのtoStringが呼ばれるようになり、フォーマットされた日付形式で文字列が返されるようになります。

https://github.com/aipocom/aipo/blob/master/core/src/main/java/com/aimluck/commons/field/ALDateTimeField.java#L507-L513

  public String toString() {
    if (calendar == null) {
      return ALStringUtil.sanitizing(null);
    } else {
      return ALStringUtil.sanitizing(translateDate(getValue(), format));
    }
  }

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません