プロパティの値の取得方法

nissy 18views 更新:2016年6月9日

WordPressの関数は、返り値がどんな状態であるのか注意が必要です。今回のwp_get_current_userは、オブジェクトを返すみたいです。 他にはWP_Queryなどが良い例です。

// 使い方は以下の通り
// まずオブジェクトの取得
$user = wp_get_current_user($user_id);

// ここから、プロパティを取得(今回は、ユーザーの役割を取得)
$user_status = $user->roles;

// いつもの癖で以下のようにしても 取得できないです
$user_status = $user[roles];


//取得の結果
   [roles] => Array
        (
            [0] => administrator
        )


詳しいデータの取得情報は、以下のマニュアルを参考にしてください。
wp_get_current_userの使い方

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません