cp -f で確認のアラートが出る場合

@iwasaki 273views 更新:2014年4月10日

cpコマンドのfオプションは確認なしに上書きですが、それでも出てしまうケースが有ります。

cpコマンドのエイリアスが設定されている場合です。この場合に確認なしに上書きするには

\cp -f

のようにして、バックスラッシュを先頭に付けます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません