WordPressのカスタムフィールドにデータを登録する

Yusuke 60views 更新:2016年6月17日
<?php
require('../wp-blog-header.php');

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

//$csv[] = array('alex','bob','crazy','dian','elic');
$csv = array("alex","bob","crazy","dian","elic");
for ($i = 0; $i < 5; $i++) {
  $todaytime = date('YmdHi', time());
  $posttiome = date('Y-i:s', time());
  $content = $csv[$i];

  $post = array(
    'post_author' => 1, //投稿者のID
    'post_content' => $content, //投稿の全文章
    'post_date' => $posttiome, //投稿の作成日時
    'post_status' => 'publish', //公開ステータス
    'post_title' => 'AED設置場所', //投稿のタイトル
  );

  $postid = wp_insert_post($post); //post_idには投稿のIDが入り、失敗すると0を返す。

  if ($postid != 0) {

    update_post_meta($postid, 'key1', 'カスタム1');
    update_post_meta($postid, 'key2', 'カスタム2');

  }

  var_dump($post);
  var_dump($postid);
  //var_dump($csv);
}
?>

$content にfor文で回した配列を入れることにより、複数のデータをカスタムフィールドに対して挿入することができる。$iの初期値を入力するのを忘れてはいけない!

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません