cft format = 0 の利用について

Yusuke 9views 更新:2016年6月22日
<?php
require('../wp-blog-header.php');

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

  $todaytime = date('YmdHi', time());
 // $posttiome = date('Y-i:s', time());
  $content = '[cft format = 0]';

  $post = array(
    'post_author' => 1, //投稿者のID
    'post_content' => $content, //投稿の全文章
   // 'post_date' => $posttiome, //投稿の作成日時
    'post_status' => 'publish', //公開ステータス
    'post_title' => 'AED設置場所テスト', //投稿のタイトル
//
//    'post_name' => 'todaysblog'.$todaytime, // 投稿スラッグ。
//
//    'post_type' => 'blogs' ,// カスタム投稿タイプ名。
//
//    'tax_input' => array('blogcat' => array(1)) //カスタムタクソノミー

  );

  $postid = wp_insert_post($post); //post_idには投稿のIDが入り、失敗すると0を返す。

  if ($postid !=0 ) {

    update_post_meta($postid, 'Name', 'hogehoge');
    update_post_meta($postid, 'Address', 'foo');
    update_post_meta($postid, 'Longitude', 'hoge');
    update_post_meta($postid, 'Latitude', 'hogefoo');
    update_post_meta($postid, 'Numbers', 'hogehoge');

  }else{
    echo "Error!!";
  }

  var_dump($post);
  var_dump($postid);


?>

$content = ‘[cft format = 0]‘; 上記のようにする記述することで、カスタムフィールド内において投稿した情報を記事のeditを開かなくても閲覧することができます

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません