Amazon Linuxでnfsを使ったディレクトリ共有

高瀬 裕介 2,605views 更新:2014年4月10日

■サーバー側

yum install portmap nfs-utils nfs-utils-lib

設定ファイルのコメントを外す

vim /etc/sysconfig/nfs
# Port rquotad should listen on.
RQUOTAD_PORT=875
...

# TCP port rpc.lockd should listen on.
LOCKD_TCPPORT=32803
# UDP port rpc.lockd should listen on.
LOCKD_UDPPORT=32769

# Port rpc.mountd should listen on.
MOUNTD_PORT=892
...

# Port rpc.statd should listen on.
STATD_PORT=662
vim /etc/nfsmount.conf
# Server Port
Port=2049

共有するディレクトリ作成

mkdir /opt/share
chmod 0777 /opt/share
vim /etc/exports
/opt/share *(rw,sync,no_root_squash)

サービス登録

chkconfig rpcbind on
chkconfig nfs on
chkconfig nfslock on

service rpcbind start
service nfs start
service nfslock start

 SecurityGroupのinboundの設定で 下記のポートを指定のSecurityGroupのみに対して許可する。

TCP: 111, 892, 2049, 32803
UDP: 111, 892, 2049, 32769

SourceIPにSecurityのGroupIdを指定する形です。

■クライアント側

yum -y install nfs-utils
mkdir /mnt/share
chmod 777 /mnt/share
vim /etc/fstab
{サーバー側インスタンスのPublicDNS}:/opt/share   /mnt/share      nfs     defaults 0      0
service rpcbind start
service nfslock start 
mount /mnt/share
chkconfig rpcbind on
chkconfig nfslock on

 

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません