シェルスクリプトでのエラー処理

Yuya Sato 36views 更新:2016年6月30日

シェルスクリプトでechoなどを標準エラー出力に出力したい場合は

echo "hogehoge" 1>&2

として標準出力を標準エラー出力にリダイレクトする。

また、これを使ってエラー出力のために、

function error() {
    echo "$@" 1>&2
}

のような関数を作っておくと、

[command] || error "Error occured!"

という風に記述することで、[command]の処理が失敗した場合に標準エラー出力に指定したエラー文を出力することができる。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません