自動起動(chkconfig)の確認

muramatsu 38views 更新:2016年7月1日

linux上で 自動起動は chkconfig ですが何がどの時にどのように自動起動するようにしてるかを確認するのは

chkconfig --list 

--list のあとにサービス名をしてあげればそのサービスだけの自動起動の状態が確認できる。

で一覧がずらっとできますが、実際にどんな感じなのかサーバー処理を定期的にやってくれるcronを例に見てみると(デーモン名 crond)

crond           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

左の数字はランレベルで 

0:システムの停止
1:シングルユーザーモード、ネットワーク無し
2:マルチユーザーモード(NFSマウントなし)
3:マルチユーザーモード(コンソール)、ネットワーク有り
4:未使用
5:マルチユーザーモード(X Windows)、ネットワーク有り
6:システム再起動
1: はセーフモードでの状態
3:は殆どの状態で起動するって言う状態
を表してる
なので基本3が on になってれば大丈夫
一応 現在のランレベルを確認するのは runlevel で確認できる

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません