PowerShellでls -lっぽいことをする

Yuya Sato 38views 更新:2016年7月13日

WindowsのPower ShellでGet-ChildItemコマンドを使う場合通常Mode, LastWriteTime, Length, Nameの出力だが、unix系シェルのls -lのようにして所有者情報を表示させるには以下のようにする。

Get-ChildItem -Path "c:\folder" -Recurse | Foreach-Object { Get-Acl $_.FullName }

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません