GMOクラウド初期セットアップ手順

alkoshikawa 243views 更新:2014年4月15日

インスタンスにログインするまでに結構手間がかかるのでメモっときます。

 

1.ネットワーク作成

適当な名前でネットワークを作ります、オファリングはVRSでいい(ネットワーク負荷大きい場合はVRLとかに変える)
ゲストゲートウェイ、ゲストネットマスク、ネットワークドメイン、ドメインは空でいい

 

2.仮想サーバー作成
適当に作成、ダイアログでパスワードが表示されるので注意(コピペできない)

 

3.仮想サーバーにコンソールでログイン
FWを無効化する
service iptables stop
service iptables save

 

4.ファイアーウォール設定
ネットワーク > 作成したネットワーククリック > 表示-IPアドレス > グローバルIPをクリック > 構成 > ファイアーウォール、すべて表示
自分のIPアドレスからSSH接続できるように22番を設定する
他には80,443などを開ける場合は送信元CIDRを「0.0.0.0/0」にして登録する

 

5.ルーティングの設定
アクセス元のポートと振り分け先を設定します
プライベートポート、パブリックポートを22にして、VMを作成したものを選択します。
複数台SSHでのログインを使用したい場合は踏み台サーバーを用意したほうが効率的かと思います。
なお、poderosaだとユーザー名部分にインタラクティブモードがないためログインできないようです。

80,443についても同様。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません