WebPayのCheckoutHelperの使い方

@iwasaki 125views 更新:2016年7月21日

WebPayにクレジットカード情報を送るときに、簡単フォームを呼べるJavascriptが用意されています。

それがCheckoutHelperになります。

https://webpay.jp/docs/checkout

<form action="/purchase" method="post">
  <script src="https://checkout.webpay.jp/v3/" class="webpay-button" data-key="test_public_19DdUs78k2lV8PO8ZCaYX3JT" data-lang="ja"></script>
</form>

ようなタグを設置すると「カードで支払う」と表示されたボタンが設置されて、そのボタンをクリックするとカード情報を入力するフォームが表示されるようになります。

「カードで支払う」のボタンテキストは

data-partial="true" 

のパラメータ指定で「カード情報を入力する」になります。

画面デザインもいじれないので、WebPay.jsを使うケースのほうが多そうです。

https://webpay.jp/docs/payments_with_token#webpay-js

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません