swiftで遅延処理

yamagenii 46views 更新:2016年8月4日

簡単に非同期で遅延処理が実現できます

//1秒遅延
let delay = 1.0 * Double(NSEC_PER_SEC)
let time  = dispatch_time(DISPATCH_TIME_NOW, Int64(delay))
dispatch_after(time, dispatch_get_main_queue(), {
    println("dispatch after!")
})

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません