文字列切り出し操作いろいろ

nakata 20views 更新:2016年8月5日

substrを用いてjavascript上で文字列を切り出す方法をいくつか紹介します。
substrの基本的な使い方:

NewString = TargetString.substr(start,length);

startが切り出し開始位置、(1番目の文字が0から)lengthが切り出す文字数です。

例いろいろ 

Origin ='我輩は猫である'

result = Origin.substr(2);
result = 'は猫である'
//length指定なしで最後まで切り取る

result = Origin.substr(-2);
result = 'ある'
//-により終わりから切り出す

result = Origin.substr(0,Origin.indexOf("は"))
result ='我輩'
//indexOfを用いて指定した文字より前を切り取る

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません