GitHub Flowについて -introduction

kensuke-iizuka 32views 更新:2016年8月17日

普段の開発フローとして用いられているGithub Flowについて何となくの理解で終わってしまっているので体系的に調べて行きたいと思います。 まずはイントロダクションとして全体の大きな流れを紹介します。

基本的なルール

  • masterブランチは常にデプロイ可能である
  • 新機能追加やバグ修正などはmasterブランチから作成する     -ブランチ名は説明的な名前である(何をやっているかが分かりやすいように)
  • 作成したブランチはローカルでコミットしサーバー上の同じ名前のブランチに定期的に作業内容をpushする。
  • フィードバックや助言がほしい時、ブランチの作業が完了しマージしても良さそうならプルリクエスト(PR)を作成する
  • マージしてmasterへpushされたら直ちにデプロイをする。

git Flowとの大きな違いとしてdevelopブランチがなく作業ブランチがmasterから直接作成されることが挙げられます。 ブランチ名の命名とプルリクエストの作成のところがネックになりそうです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません