CentOS7のサービス管理

Yuya Sato 31views 更新:2016年8月17日

CentOS7になりサービスの管理システムが変更されたため、細かな部分で7以前のバージョンのCentOSと異なる点が出てきました。

サービスの起動・終了

7以前では

$ /etc/rc.d/init.d/httpd start
$ /etc/rc.d/init.d/httpd stop

とやっていましたが、CentOS7では以下のようにします。

$ systemctl start httpd
$ systemctl stop httpd

サービスの自動起動の設定

7以前では

$ chkconfig httpd on
$ chkconfig httpd off

としていた部分は

$ systemctl enable httpd
$ systemctl disable httpd

となります。

自動起動設定を確認するのは

$ chkconfig --list

$ systemctl list-unit-files -t service

に相当します。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません