Webpayでcreatedを指定する方法

@iwasaki 11views 更新:2016年8月23日

Webpayで各種データ一覧を取得する際に以下のようにして取得することができます。

https://webpay.jp/docs/api/curl#charge_all

その際にパラメータとして作成日時を指定することができます。大なり小なりを指定する際には以下のようにして指定を行います。

curl "https://api.webpay.jp/v1/charges?count=3&created%5Bgte%5D=1471759575" -u "your_secret_key":

参考

http://phpspot.net/php/man/php/function.http-build-query.html

Javaで実装する場合には以下のようにします。

      CreatedRange<?> createdRange = new CreatedRange<Object>();
      createdRange.gte(timestamp);


      Webpay().charge
        .allRequest()
        .count(10)
        .offset(10)
        .created(createdRange)
        .execute();

へんなHashMapで指定しようとすると以下の様なエラーが出ます。

java.lang.IllegalStateException: Illegal character "=" at position 21 is not allowed as a part of a name in a path template "offset=0&created={gte=1471759575}&count=10".

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません