postfix.shに設定追加

kato770 26views 更新:2016年9月20日

postfix.shの場所を書いてある記事がネット上にあまりないのでメモっておきます。/usr/local/aimluck-server-utils/serverbuild/scripts/packages

postfix.shを実行してmain.cfに


minimal_backoff_time = 100s maximal_backoff_time = 600s maximal_queue_lifetime = 24h bounce_queue_lifetime = 24h queue_run_delay = 100s

の設定を加え、かつ重複が起きないようにするには、

maincf=`cat /etc/postfix/main.cf`

if [ ! $(echo $maincf | grep -e 'minimal_backoff_time') ]; then
echo "minimal_backoff_time = 100s" >> /etc/postfix/main.cf
fi

if [ ! $(echo $maincf | grep -e 'maximal_backoff_time') ]; then
echo "maximal_backoff_time = 600s" >> /etc/postfix/main.cf
fi

if [ ! $(echo $maincf | grep -e 'maximal_queue_lifetime') ]; then
echo "maximal_queue_lifetime = 24h" >> /etc/postfix/main.cf
fi

if [ ! $(echo $maincf | grep -e 'bounce_queue_lifetime') ]; then
echo "bounce_queue_lifetime = 24h" >> /etc/postfix/main.cf
fi

if [ ! $(echo $maincf | grep -e 'queue_run_delay') ]; then
echo "queue_run_delay = 100s" >> /etc/postfix/main.cf
fi

という形で書き込みます。catやgrepでmain.cfの文字列判定を行います。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません