Calendar関数の扱い-addメソッド-

kinoshitayosuke 6views 更新:2016年9月21日

日時に関する情報を取得する(get)
【Java】日時を加算・減算する
より、Calendar関数には様々なメソッドが用意されている。
特に、addメソッドは、元となっているCalendarオブジェクトと連動して現在の日時情報だけでなく、前の日や次の日の日時情報を取り出すこともできる。

calendar.set(2014, 9, 20, 10, 20, 30);
calendar.add(Calendar.YEAR, 1);


と定義した時、add後のcalendar情報は、
(2015,9,20,10,20,30)となる。
また、

calendar.set(2014, 9, 20, 10, 20, 30);
calendar.add(Calendar.YEAR, -1);


と定義した時、add後のcalendar情報は、
(2013,9,20,10,20,30)となる。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません