Dojoライブラリを使用したAjax通信

kisyaman 21views 更新:2016年9月21日

JavaScriptの中で


dojo.xhrGet({ url: json_url, encoding: "utf-8", load: function (data, hoge) { var result = data; } });

のような表現がありいくつか戸惑う点がありました。 一つ目は load: function (data, hoge) {…(略)}の部分で唐突に出てきたdataとhogeです。

こちらによるとDojoを使ってAjax通信を行う際、load: function(response, ioArgs){} という表記でコールバック関数を準備できるようです。このカッコの中はどこで定義されたのかが不明ですが、後日の更新で明確にしたいです。

非同期、コールバック、Ajax(手法), xhr, dojo などなど、勉強していきます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません