リダイレクトのステータスについて

kensuke-iizuka 20views 更新:2016年9月28日

30X系のリダイレクトのステータスについてまとめました。

301

恒久的なURLの変更を示す。サイトリニューアルでURLが変更になった場合とか、本来アクセスされるURLとは異なるURLへのアクセスを制御させたい時とかに使う。

302

一時的なURLの変更を示す。たとえばサーバーエラーが発生したときにエラーページへリダイレクトする場合とかに使う。 最も広く使われるリダイレクトのステータスコード。

303

新しいURLにGETメソッドでアクセスすることが決められたリダイレクト。フォームからPOSTした後にリダイレクトしてTOPページへ戻す、というような場面で使う。

307

一時的に別のURLへ遷移させたい時に使用する。302とよく似ているが、リダイレクト前と同一メソッドでリダイレクト先へもアクセスを行うところが異なる。

この感じだとよく使われるのは301と302でこの2つの 使い分けがしっかりできていれば問題無さそうです。307の使い道が思いつきませんが…

参考:リダイレクト時のステータスコードには何を使えばいいか?

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません