apache そのものを root として動かす

muramatsu 50views 更新:2016年9月28日

apache の 設定ファイル httpd.conf の User と Group は apache自身が何かであるかを記載するディレクティブで apache と書いたなら 名前が apache となり deamon なら deamon となる ここを root とすると

Error: Apache has not been designed to serve pages while trunning as root.  
There are known race conditions that will allow any local user to read any file
on the system. If you still desire to serve pages as root then add
 -DBIG_SECURITY_HOLE to the CFLAGS env variable and then rebuild the server. 
It is strongly suggested that you instead modify the User directive in your 

と怒られます。 ですが環境変数を設定し直して再ビルドオプション付きでビルドすると root として動かせます apache をビルドできる状態で

#環境変数設定とオプションを付けてビルドする
 env CFLAGS="-DBIG_SECURITY_HOLE" OPTIM="-O2" \
./configure --prefix=/usr/local/apache-hogehoge --enable-so --enable-shared \
--enable-ssl=shared --with-mpm=worker --enable-deflate --enable-headers

make 
make install

でいける エラーを吐く場合はオプションをオフにしてみたりyum でssl関係をインストールすると大丈夫かもしれない root でやる方法は他にも visudo で権限を与える apache がListen するポートを 80 ではなく 2000とかにする(これはちょっと違うかもしれませんが)

User root
Group root 

で Syntax Ok と出たら成功

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません