JavaScriptで非同期に Javaの処理の結果を得る段取り

kisyaman 27views 更新:2016年9月28日

Ajaxは画面全体をロードし直さずデータを取得できる、便利な方法だということが自分の中で整理できつつあります。

そして部分的に情報を更新するため(カレンダーを翌月に変えるため、等)には、クリックに対応してJavaScriptがdojoライブラリを使ってJSONを取得、更新する必要がある、という解釈をしています。

JSONは整形されたデータですが、整形される必要があったのは今回の場合、AjaxScheduleMonthlySelectDataのインスタンスとして定義されたリストでした。ここで、更新に必要なデータ(週の始まりの曜日、それに従ってズラされたカレンダー、等)を取得出来るようになっているでした。

さきほど「dojoから整形されたJSONを取得」と述べたのですが、この部分がかなり怪しいです。以上は非常に曖昧なので(まとめるのは関係の深いモジュールといいますか、ツールが多くてかなり難しそうですが)、理解を深めて更新していきます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません