LAP環境のスクリプト

muramatsu 26views 更新:2016年10月3日

Linux 
Apache
PHP
でapache内のファイルを置き換えて更新してページを飛ばすというスクリプトを作成したので自分用にスクリプトを書いておきます。
HTMLのスクリプト


<html> <head> //タイトル <title>hogehoge</title> </head> <body> //中央揃い <div align="center"> //POST形式でsent.phpに情報を送る <form method="POST" action="sent.php"> //テキストエリア形式の入力フォーム <textarea name="test1" cols="60" rows="10"> </textarea> <br /> //ボタン style でボタン自体の大きさ変更 <input type=submit value="送信する" name="add" style="width:100px;height:50px"> <br /> </form> </div> </body> </html>



PHPのスクリプト


<?php //現在接続しているURLのページ取得 $PAGE0 = $_SERVER["HTTP_HOST"]; $PAGE = "https://$PAGE2"; //HTMLのスクリプトからの情報取得 $POST_test = $_POST['test']; //fopen fputs fclose でファイルに書き換えを行う(fopenでファイルを開くというハンドラを作ってfputsに渡して書き換えてfcloseでファイル閉じる感じです) $fp_open = fopen("/opt/apache/hogehoge", "w"); fputs($fp_open , "$POST_test" ); fclose($fp_open); //exec関数で Linux のコマンドを実行できるようにする) //反映までの時間も少し考慮してsleepで多少作業停止 sleep(2); exec("/opt/apache/bin/apachectl graceful"); sleep(2); //time関数で同じページに飛ぶ感じにしてページの更新をさせる $rnd = time(); header("Location: $PAGE{$rnd}"); } ?>

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません