PHPにおけるセッション

muramatsu 64views 更新:2016年10月19日

phpにおいてセッションとは値などををサーバー側に保存しておくことです。ブラウザ側に保存する場合はクッキーだと思います。 今回そのセッションの作成と呼び出し方や削除の方法をほんのちょっとだけ説明したいと思います

test1.php

<?php
//これでセッションをスタートさせるという宣言をする
session_start();

//hogehogeというセッションに 1 という値を記録する。
$_SESSION["hogehoge"] = 1;

//hogehoge のセッションを呼び出す
echo $_SESSION["hogehoge"];

?>

これは値等はサーバー側に記憶されるのでページが変わっても大丈夫です。 つまり

test2.php

<?php
session_start();
//isset関数は値があるかどうかを確認する関数
if(isset($_SESSION["hogehoge"])){
echo "yes"
}
else{
echo "no"
}
?>

とすれば最初にtest2.phpにブラウザ上から飛んだときはtest1.phpでセッションに値がはいってないので no と表示されるがtest1.phpにとんでセッションに 1 という値を入れてから test2.php に飛べばissetの分岐によって yes と表示される仕組み

セッションの削除は

unset($_SESSION["hogehoge"]);

で消せます

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません