TomcatのSESSION.serが悪さをする

Tomoumi Nishimura 21views 更新:2016年10月20日

Tomcatはセッションの継続のため、シャットダウン時にSESSION.serをworkディレクトリ内に作成します。原因は不明ですが、このSESSION.serのせいで予期せぬ動作をするプログラムがたまにあります。

そのような場合における対処療法としては、SESSION.serを生成しないように設定するという手があります。

SESSION.serを生成しないようにするには、Tomcatのcontext.xmlContext要素直下に以下の要素を追加します。

<Manager pathname="" />

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません