Gmail api 認証まで

kawaharasouta 26views 更新:2016年11月1日

https://console.developers.google.com/project にアクセスし、適当にプロジェクトを作成 ・左メニューのライブラリからGmail Api を探して有効にしておく(この時に新しいアカウントを作成させられるかも) ・左メニューの認証情報から、OAuth同意で、適当にサービス名を入力して同意しておく  この時にクライアントIDとキーが表示されるので、とりあえずメモしておく ・同じく認証情報の認証情報タブで、認証情報を作成する  OAuth クライアント ID を選択し、アプリケーションはその他にしておく ・認証情報の画面で、先程作ったものがあるか確認  一番左にインストールするっぽいところがあるので、それをクリックするとjsonファイルがインストールされる。  これはサーバに送っておく ・google-api-python-clientをインストールする  amazon linux だと、はじめ、pipのバージョンが低かったので、まずアップグレードしたほうがいいかも

pip install --upgrade pip' command
pip install --upgrade google-api-python-client

 また、OAuthもインストールしておく

pip install oauth2

https://developers.google.com/gmail/api/quickstart/python から、quickstart.py をコピペ、一部を修正  CLIENT_SECRET_FILE を、先程のjsonファイルに差し替える ・この状態で quickstart.pyを実行すると、以下のようになる

Your browser has been opened to visit:

https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?scope=https%3A%2F%2Fwww.googleapis.com%2Fauth%2Fgmail.readonly&redirect_uri=http%3A%2F%2Flocalhost%3A8080%2F&response_type=code&client_id=1072383448442-3o8fbj3bod4jnp17mkt9bgn567gg7cs4.apps.googleusercontent.com&access_type=offline

If your browser is on a different machine then exit and re-run this
application with the command-line parameter

  --noauth_local_webserver

 URLにアクセスして、認証するのだが、そこで認証してもうまくいかない。  オプションをつけないといけないらしい  以下のように実行

# python quickstart.py --noauth_local_webserver

Go to the following link in your browser:

https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?scope=https%3A%2F%2Fwww.googleapis.com%2Fauth%2Fgmail.readonly&redirect_uri=urn%3Aietf%3Awg%3Aoauth%3A2.0%3Aoob&response_type=code&client_id=1072383448442-3o8fbj3bod4jnp17mkt9bgn567gg7cs4.apps.googleusercontent.com&access_type=offline

Enter verification code:

 URLにアクセスすると、コードが出てくるので、それをコピペ  これで認証は成功らしい

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません