ソースの保管時にソースのフォーマットを行う

y-ozaki 244views 更新:2014年4月25日

Eclipseでは設定を変えることにより、保管時に様々なアクションを行ってくれます。

設定→Java→エディター→保管アクションで保管時に選択したアクションを実行にチェックを入れます。

そしてソースのフォーマットにチェックを入れることにより、保管時に自動で設定した通りのフォーマットになります。

さらにインポートの編成も自動で行えます。

この設定はプロジェクトごとに変更することも可能です。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません