stripeでちょっとしたら課金開始になる定期課金を作る方法

@iwasaki 28views 更新:2016年11月11日

stripeで支払いエラー時の検証をする方法ですが、

https://support.stripe.com/questions/test-failed-invoice-payment

で説明されているように

  1. 支払いのできないカードを登録
  2. 数秒後に trial_end となるSubscriptionを登録

というのが主な流れになるかと思います。

コントロールパネルから定期課金を作ろうとした場合には時間まで制御できないため、APIをcurlでたたくのが一番手っ取り早い方法になります。

事前準備

Mac | コンソールで date –date ’1 day ago’ が使えない

http://qiita.com/Yinaura/items/7a95a47edd80bd4e1098

という問題があるので、Homebrewでインストールします。

brew install coreutils

1分後のUNIXTIMEを取得するには以下のようにします。

gdate --date '1 minutes' '+%s'

ここから本題

1分後にお試し期間終了となる定期課金を作るには以下のようにします。

trial_end=`gdate --date '1 minutes' '+%s'`
echo $trial_end
curl https://api.stripe.com/v1/subscriptions \
   -u your_secret_key: \
   -d plan=dummy1 \
   -d customer=cus_XXXXX \
   -d trial_end=${trial_end}

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません