xhrについて

kensuke-iizuka 7views 更新:2016年11月12日

chromeのデベロッパーツールでネットワークの動きを見ているとxhrという項目が目に入り、なんだか気になります!! xhrとはXML Http Requestの略だそうで

JavaScriptなどのウェブブラウザ搭載のスクリプト言語でサーバとのHTTP通信を行うための、組み込みオブジェクト(API)である。

だそうで…よくわからん! MDNのリファレンスをよく見ると

XMLHttpRequest は、クライアントとサーバーの間でデータを伝送するための機能をクライアント側で提供する API です。ページ全体を再読み込みすることなく、URL からデータを読み出す簡単な方法を提供します。この API によって、ユーザの作業を中断させることなく Web ページの一部を更新することができます。 XMLHttpRequest は AJAX プログラミングで多く使用されます。

ちょっと分かってきました。歴史的には結構昔からあるのですがAjax通信のおかげでこれだけ日の目を見るようになったようです。

var xhr= new XMLHttpRequest();
xhr.open("GET","/hogehoge.html");
xhr.send();

これでhogehoge.htmlをGETするリクエストを送信することが出来ます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません