VCCW起動時の注意点

shunpei0217 15views 更新:2016年11月25日

今回は自分が犯してしまったミスを基に記述します。 サーバー環境構築において、vccwの個別設定などが完了した後に、vccwを起動すると思いますが、その時に誤って”$vagrant provision”を実行したら、前回までのカスタムフィールドテンプレートの変更内容が全て初期化され、カスタムフィールドテンプレート自体が有効化されていない状態まで戻ってしまいました。なのでもう一度カスタムフィールドテンプレートを有効化し、オプションから全て設定し直すという二度手間を踏んでしまいました。皆さんはくれぐれも気をつけてください。

これは正しい

$ vagrant up
Bringing machine 'tanzawa.local' up with 'virtualbox' provider...
==> tanzawa.local: Checking if box 'miya0001/vccw' is up to date...
・・・以下省略・・・

これは危険

$ vagrant provision
==> tanzawa.local: [vagrant-hostsupdater] Checking for host entries
==> tanzawa.local: [vagrant-hostsupdater]   found entry for: 192.168.33.10 tanzawa.local
==> tanzawa.local: Using hostname "tanzawa.local" as node name for Chef...
==> tanzawa.local: Running provisioner: chef_solo...
==> tanzawa.local: Detected Chef (latest) is already installed
==> tanzawa.local: Generating chef JSON and uploading...
==> tanzawa.local: Running chef-solo...
・・・以下省略・・・

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません